必見!自分で出来る簡単わきが対策!臭いを抑えよう!

鼻を押さえる女性

 

わきがが原因となってさまざまな日常生活に影響を与えてしまうことがあります。

 

わきがが気になる事で、自分らしくしていることができないことだってあることでしょう。

 

色々と自分で対策をしてみているんだけど・・なんて方々もいるかと思いますが、本当にそのわきが対策は正しいものなのでしょうか?

 

もしもその対策が間違っていたりすると、わきがの臭いを余計に悪化させてしまっている恐れもあります。

 

これから、本当にわきがに効果的な対策をお伝えしていきます。

 

わきがの本当の原因とは?

自分のわきがの臭いで鼻をつまむ女性

 

わきがの対策を考えていくならば、わきがの原因もしっかりと知っておかなければなりません。

 

わきがの体質は遺伝が原因しています。そしてアポクリン腺という汗腺の数と大きさでわきがになるかが決まります。

 

他人のものがうつったり、ある日突然発生するというものではありません。アポクリン腺から出せれる汗の皮脂とタンパク質が脇の下の細菌と合わさることで反応してわきがの臭いを放出します。

 

アポクリン腺というのは、おへそ、陰部、足、耳の穴の奥、に存在します。この汗腺がある部分は臭いやすい部分なのです。

 

わきがの原因を知りわかることは「細菌と反応する汗を抑える」ことと「臭いのもとの細菌を抑える」という二つのことがわきがの対策につながるということになります。

 

毎日の生活でのわきが対策

まずは毎日の生活の中で気をつけていきたいことを上げていきます。

 

お風呂に入って体を洗う時にごしごしと洗い過ぎてしまうことは良くありません。おすすめなのが「重曹石鹸」と「ミョウバン石鹸」を使用することです。

 

肌には良いにおいのための菌の表皮ブドウ球菌と悪臭を出す菌の皮膚悪玉菌が存在しています。脇の下を洗いすぎると表皮ブドウ球菌を洗い流してしまって皮膚悪玉菌を増やしてしまうのです。

 

そうではなくて「表皮ブドウ球菌」を皮膚に残して「皮膚悪玉菌」を洗い流すというのが理想的になります。

 

そこでそれを可能にするのが「重曹石鹸」と「ミョウバン石鹸」なのです。よくわきが対策サイトなどでおすすめされているのはそのためです。

 

もしご興味ある方はチェックしてみてくださいね。

 

制汗剤を使用しよう

汗を濡れタオルやウェットシートで拭き取ってから制汗剤を使用しましょう。

 

制汗剤を使うときは必ず脇にいる雑菌を拭き取ってから使用するようにしましょう。この時に、乾いたタオルやティッシュなどで拭き取っても汗を完全に拭き取ることはできないので、濡れているものを使用しましょう。

 

最近の制汗剤は汗を抑える効果と細菌を抑える効果が二つ合わさったダブルで効果を発揮できるものが多数あります。

 

この二つを抑えることができるということは、わきがの対策を制汗剤でもできるということにつながりますね。

 

制汗剤を使う時は正しい使い方をしましょう、使用頻度が高すぎると良い菌まで退治してしまって臭いが悪化してしまうことがあるので注意していきましょう。

 

臭いに効果的な食べ物を摂ろう

わきがの臭いを悪化させる食べ物として知られているのは動物性タンパク質や脂質を多く含む食材です。

 

そして辛いものや酸味のある刺激の強い食べ物も良くないとされています。では、わきがに良いとされる食べ物はどんなものなのでしょうか?

 

基本的にアルカリ性食品を食べることで臭いが出にくくなるとされています。

 

アルカリ性食品とは例えると、緑黄色野菜、梅干し、大豆、昆布などです。栄養バランスを考えながら食べていきましょう。

 

脇の下は常に清潔にしておく

基本的なことなのですが、脇汗は臭いを感じる前に拭き取るように心がけましょう。

 

わきがの臭いはアポクリン腺の汗を肌にいる細菌で発生するのですから菌が繁殖する前に拭き取ることがとても重要になります。

 

そして、わきがの臭いを脇毛がからめやすいので、脇毛をしかりと処理しておくこともわきがの臭いへの対策となります。

 

剃って!拭く!だけです。とても簡単な対策方法なのです。